徒歩で、トホホな、とほい旅。

ボーズマンです。歩きます。よろしくお願いします。

中標津弾丸ツアー

北海道の東西南北の端、制覇までの道のり。


どうも、ボーズマンです。


中標津に行きました。




やはり今回も思い付きです。


「明日から4連休、どうすっかなー」


そこで学生時代に中標津に行った事を思い出し、もう一度行く事に決めました。



△やっぱり今回も下道です。眠くなったら車停めて寝られます。


一人旅の良い所ですね。休憩のタイミングが自由です。


自分が行った時は、日勝峠の通行止めが解除されてませんでした。


全くその情報を知らず、下道をナビ頼りで進んでたら色んな所に


「日勝峠通行止め中」


の看板が。


ギリギリ気付けて良かったです。


うわーどうすりゃ良いんだ?とスマホで調べてたらネクスコのHPに到達。


占冠IC→トマム→十勝清水、までは無料で高速が使えました。


ただ自分は行き過ぎて、芽室で降りました。



△阿寒湖周辺です。鹿多過ぎ。


そういうオブジェというか、置物かと思ってたら生きてました。



△弟子屈到達。ひたすら運転しかしてないです。


ラーメンも無しです。



△今回は目的地を決めていました。


もちろん中標津が第一目標ですが、ここにも行きたかった。


屈斜路湖の天然無料混浴露店温泉です。(属性盛り過ぎ)


その名も「和琴温泉」


ちょっと振り返れば広大なレイクビュー。朝焼けも相まって堪らないです。


ただ気温が確か2℃くらいだったので、2時間は浸かってました。


一人が良かったので朝3時~4時に着く予定を立てましたが、暗くて見つけ辛ぇ…。



△立ち上る…朝霧?朝露?良いです。


湯に浸かり、リフレッシュして第一目標に向かいます。



△国後島のケツがかすかに見えます。


中標津に学生の時に行ったと言いましたが、あくまで受動的な物でした。


釧路の友達に会いに行く→サイコロを振らされる→中標津


ビデオも回してましたねぇ。


中標津のさらに東、野付半島のトドワラという所に連れていかれました。



△トドワラ前の駐車スペースにて。



△野付半島のネイチャーセンターより更に先。


限界ギリギリまで行きました。


途中からは車では行けなくなるので、徒歩です。


大体1時間半程で半島の先まで行けます。


画像の先は尾岱沼(おだいとう)らしいです。読めん。



△ネイチャーセンターに戻り、エビ食ったり、鹿見つけたり。


ネイチャーセンターの駐車場奥から道が延びており、そこを進むと…



△防波堤に繋がる、こんな道だったり…



△更にこんな感じの行き止まりがあります。


木のステップの上しか歩けないのでこの先には行けません。


学生時代には、白くなった木の残骸がそこら中にありました。


今では綺麗に何もないです。アレはアレで良かったのですが。



△上手く調整して自撮り。


周りに何人か人もいたので、サッサと撤収。


こういう時一人だと恥ずかしい。



さて、帰るか…。(家まで436km)