徒歩で、トホホな、とほい旅。

ボーズマンです。歩きます。よろしくお願いします。

スパイダルコのてんとう虫

いろいろ買いましたが、しっくり来てます。


どうも、ボーズマンです。


スパイダルコのレディバグです。



炭素鋼のオピネル、モーラナイフと買って、使ってきました。


ブッシュクラフトの真似事が大概ですが。


装備の軽量化を考えた際に、何を優先すべきか、と。


「軽さ」「コンパクト」「ステンなど、刃持ちが良い鋼材」


いろいろナイフ探してみましたが、多分コイツが一番良い筈。
(少なくとも自分の需要は満たしている)


鋼材もVG-10。必要十分です。H1鋼材程は要らない…と思います。



△刃を出して全長、大体11cm。


そもそも自分の旅は、平地メイン。ナイフの出番はありません。


ただ1本あると何かと使えるという事も分かっています。
(流木からのペグ作り、袋や布を切り開くetc…)



△折り畳むと6cm程。小さすぎる。


心許無さ過ぎる小ささですが、ハードな使用はしないと割り切れば良いです。



△ランヤード無しでの重さ。軽量です。


非常に小さいのでランヤードは必須。すぐどっか行きます。


グリップ部も見ての通りの小ささ。


編みこんだパラコードは補助的なグリップの役目も果たします。


軽量さを求める際は取っ払いますが。



△グローブをしてても何とか出来る、ワンハンドオープン方法。


スパイダルコのナイフと言えば、特徴的なのは刃の穴。


これに指を引っ掛ける事で、片手が塞がっていても展開することが出来ます。


ただレディバグは小さいので、女性でもなかなか難しいと思います。


普通にグリップを握るようなやり方だと、開け損ねる可能性大です。


という訳で自分は、画像のように指で挟むやり方を推します。



△苦肉の策。


小指と薬指、中指と人差し指で挟み、親指はナイフの穴へ。


コレで、開け損なっても、刃が指に当たる事は減るはず。


どうでしょう?オススメです。